ドリーム観光バス スマホ用トップ

観光バスでめぐる北海道旅行情報 : ドリーム観光バスで“北海道 観光バス”タグの付いているブログ記事

2017年6月 8日

いつもドリーム観光バスをご利用いただき有り難うございます。

早いもので6月に入り、関東以西では入梅の知らせも届く季節になりました。
梅雨のない北海道はカラっとした清々しい時期です。

6月7日から11日までは、札幌市内大通りやススキノなど約20会場で「YOSAKOIソーラン祭り」が開催されます。今年で26回目となる初夏の大きなイベントです。

この機会にぜひ北海道へ遊びにお越しくださいませ!!

2017年4月12日

いつもドリーム観光バスをご利用いただき有難うございます。

内地では桜の満開情報があちらこちらで聞こえてきますが、北海道はまだまだ春遠しという感じです。ちなみに本日は雪が降ってます。そんな中、先日、少し春の兆しが見られたのでパチリ。


IMG_9088.JPG IMG_9087.JPG

さて、長い冬が明けて春目前。 観光シーズンに向けて、バスの予約も入ってきております。 観光バスの予約手配はお早めに、見積り、ご予約お待ちしております!

2017年2月10日

今年も札幌雪祭りの季節がやってまいりました。
1週間限りの北海道冬最大のイベントです。

毎年、だんだん日本人より訪日外国人の観光客の方が目立つ感じに思えますが、実際はいかがなのでしょう?

札幌に限らず、このシーズンは道内各地で冬ならではのイベントを開催しています。
オホーツク海側では流氷が真っ盛りです♪

雄武付近から紋別、網走、知床までビッシリ!
ロシアのアムール川から南下して、ちょうど北海道のオホーツクラインが器状に受け止める形で溜まっていくわけですね。

普段、波打つ海が流氷によって音が無くなり、静けさが渡る海というのは、とても神秘的です。
夜に風が吹くと、遠くで流氷鳴きと言って流氷同士が擦れあって何とも言えない、軋むような、鳴き声のような奇音を聞くことが出来るのですよ。

流氷の上をウォーキングするツアーなどもあります。ドライスーツを着るのですが、かなり面白いです。私も経験しましたが思ったより寒くないです。流氷の上で飲むビールは格別でした♪

そして流氷の下には「流氷の天使」クリオネが・・・。
何を隠そう私はクリオネを自宅で飼育したことがあります 笑。
実際にはアイスダイバーという流氷の下を潜る特殊なダイバーさんに取ってきてもらったのですが。

そんな冬の北海道へぜひ来てみませんか??

流氷3.jpg

2017年1月 6日

明けましておめでとうこざいます

旧年中は大変お世話になりました
本年も変わらぬご贔屓のほと宜しくお願い申し上げます

札幌市内は年末の大雪で除雪、排雪が追い付かず、市内道路の道幅が狭くなり大渋滞が発生いたしました。年が明けてもまだ道路の状況はご覧の通りです。

路面はデコボコで特にマンホールの上などは雪が積もらないので、落とし穴のようにポッカリと穴が開いていて、車の運転では注意が必要です。路線バスも観光バスもとても走りにくいです。

ではでは。
今年も安全運転でまいりたいと思います!

IMG_8374.jpg

IMG_8377.jpg

2016年10月28日

いつもドリーム観光バスをご利用いただき誠に有り難うございます。

すでにお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社のホームページは全ページSSLを導入して通信の安全性を確保しております。

バス会社にとって何よりも大切なことは「安全」「安心」です。

それは運転や車両だけにとどまらず、Web上の通信についても然り、ということで全社一丸となって安全性に取り組む姿勢の表れでもあります。

特に個人情報の漏洩や他人によるなりすまし防止のために威力を発揮します。
出来ることは全て取り組む所存で「安全第一」に努めたいと思います。

いま北海道は燃えるように赤く染まる木々、そして真っ白な雪の季節を迎えようとしています。晩秋の北海道、ぜひお越しください。


2016年9月29日

いつもドリーム観光バスをご利用いただき有り難うございます。

短い北海道の夏が終わり、早くも秋が深まり木々が赤く染まるこの頃、当社のホームページが新しい装いとなってデビューいたしました。

いかにもバス会社というイメージよりも、旅情を前面に出すことを念頭にデザインいたしました。

また豪華仕様のリムジン、「D-STYLE」や「ひがし北海道周遊観光バス」の専用ページも加わり、使いやすく、わかりやすいサイト作りを心がけました。

今後、北海道の旅情報や現地リポート、グルメ情報などスタッフが発信するブログなども含めてさらに充実させていきたいと思います。

みなさまに愛されるバス会社を目指して、より一層励みながら努力する所存ですので、変わらぬご贔屓を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。