ドリーム観光バス スマホ用トップ
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • LINE

ドリーム観光バスの安全対策と取り組み


はじめに


当社は、「明るい笑顔と感謝をする心・進んで挑戦する情熱を持つ・誠実な仕事が信頼を生む・ゆとりある運行が車輌の安全」の事業理念のもと、公共輸送機関しとて「お客様の安全輸送」を最優先にすることを使命としております。 この使命を果たすべく 、輸送の安全に関する基本方針を定め、運輸安全マネジメントシステムの構築、確実な実施、継続的な改善を行っているところであります。お客様から「安全」という信頼をいただくためには、運輸安全マネジメントに誠実に取り組むことが大切だと考えています。「輸送の安全の確保が最大の責務」を旗印として、代表取締役を先頭に、役員・社員が一丸となって「お客様の安全輸送」を確実に実践してまいります。

 

株式会社ドリーム観光バス

代表取締役 宗方 淳剛



貸切バス事業者安全性評価認定を取得


貸切バス事業者安全性評価認定マーク

2017年9月、二つ星の認定を受けました。

貸切バス事業者安全性評価認定制度の詳細はこちら



Ⅰ   基本方針


   1.  輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社長及び役員 ・社員ー同が安全の確保に最善の努力を尽くす

   2.  輸送の安全に関する法令及ぴ安全管理に関する規程を遵守する

   3.  輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施する

   4.  輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する

 

Ⅱ   輸送の安全に関する目標及び達成状況


   1.  平成28年度目標及び達成状況

目    標

達  成  状  況

重大事故件数    0件

    1件

人身事故件数    0件

    0件

有責事故件数前年比40%削減

有責事故件数

(前年度5件 対前年度比80%)

※北海道運輸局からの行政処分・行政指導はありませんでした。


   2.  平成29年度目標


(1)重大事故件数0件

(2)人身事故件数0件

(3)有責事故件数前年比40%削減

     ※平成28年度の目標達成状況を鑑み、40%削減を目標にしました。

(4)構内事故件数0件

(5)車内事故件数0件


Ⅲ   輸送の安全確保のための取り組み


当社では、1年間の乗務員教育指導計画を策定し、計画に沿って毎月乗務員への教育指導を行っております。また運輸安全マネジメントシステム「計画・実施・点検・改善」を随時実施し、安全性の向上を図るように努めております。ハード面では、当社が保有する全車両にデジタルタコグラフ・ドライプレコーダーを導入済であり、乗務員のさらなる安全運転の意識の向上を図るとともに、運行後に運行管理者がチェックを行い、事故防止につなげるように活用しております。


Ⅳ   輸送の安全に関する内部監査


内部監査委員による、輸送の安全に関する内部監査を実施し、運行管理体制・運輸安全マネジメントの実施状況について確認いたしました。


Ⅴ   輸送の安全に関する組織体制


安全組織体制

Ⅵ   輸送の安全に関する教育計画(平成28年度)


  月

計  画  内  容

  4月

          乗務員の健康管理の徹底

  5月

          春の全国交通安全運動の徹底

  6月

          行楽期における事故防止対策

  7月

          夏の全国交通安全運動の徹底

  8月

          プロ運転手としての意識の向上

  9月

          秋の全国交通安全運動の徹底

10月

          秋期繁l亡期における安全対策

11月

          冬期に向けての安全運転心得

12月

          年末・年始の安全輸送の確保

  1月

          車両の点検整備

  2月

          運行三費の節減

  3月

          日常の車両整備の徹底


Ⅶ   事故・災害発生時の体制


重大事故・災害発生時の報告体制図


Ⅷ   緊急連絡体制


緊急連絡体制図


Ⅸ   ドリーム観光バス 安全管理規程


安全管理規程